ランディングページの内容は消費者目線で

ランディングページの目的は、そのページを見た人をダイレクトに購入や問い合わせに誘導することにあります。そのため、内容は消費者目線で作っていく必要があります。疑問点があればアクションに繋げることはできません。そのため、消費者が疑問に思いそうな点についてはしっかりと解説をして、不安を取り除きます。また、メリットがなければわざわざ購入しようとは思いませんから、具体的に購入するとどういったメリットがあるのかも提示していきます。

そして、本当にメリットが得られるのかを具体例や各種データを用いて示していきます。合わせて利用者の口コミも書いておくと、信憑性が増しますので、信頼を勝ち取っていくことができ、ひいては商品の購入に繋げることが可能です。また、形式的にも他に流れてしまわないように、リンクを貼らず、購入や問い合わせの方法を提示します。

ランディングページの大まかな内容はこのようになっていますが、それを形にするのはホームページ制作の知識がないと作ることはできません。ただし、ランディングページを簡単につくることができるクラウドサービスがありますので、それを活用すれば知識がなかったとしてもランディングページをつくることができます。テンプレートを選んで、適宜文章や写真などを挿入していけば形になりますので、ホームページ制作のスキルがなかったとしても、ランディングページをつくることができます。

いくつかのサービスがあって、それぞれデザインや使える機能が異なります。無料で使えるところも多いので、それぞれの特徴を比較して、最もよさそうなサービスを選ぶと良いでしょう。サービス自体の比較をしているサイトも多いので、それも参考にすると良いでしょう。

ホームページ制作の代行をしている会社を利用することでも、知識がない人が用意することは可能です。化粧品のホームページと代行をしている会社もありますし、基本的には柔軟にあらゆるサービスのランディングページを制作してくれます。代行会社ならば、ノウハウがありますから、要望を伝えるだけである程度の形を提案してくれます。

あとはすりあわせを行っていき、具体的なサイトを作ってもらうことになります。見積もりまでなら無料で行ってもらえますから、興味があれば問い合わせをしてみましょう。このときの対応の仕方なども、よい会社ならしっかりとしているため、任せて大丈夫かどうかを判断する際の参考要素とすると良いでしょう。