ランディングページの制作にかかる値段は

ランディングページの制作を、専門業者に依頼する場合、依頼内容によって値段が異なるのが一般的です。
例えば、ランディングページに関する知識が一切なく、キャッチコピーや画像など、制作に必要なものを一切用意する事が出来ないといった場合には、およそ20万円以上の値段になると言われています。
しかし、ある程度のマーケティングの知識を持っている人材が、会社には数人はいるはずです。

こうした人材に、キャッチコピーやランディングページで売りたい商品やサービスのセールスコピーを制作して貰い、レイアウトなどを専門業者に任せるとなると、およそ8万円から10万円程度にまで、値段が下がります。
そして、キャッチコピーやセールスコピーに加え、画像も用意し、レイアウトの案内図も会社で制作する事が出来れば、専門業者に依頼したとしても、およそ5万円以下の値段で制作して貰う事が出来ます。

このように、自社で行える範囲によって、ランディングページの制作にかかる値段は左右されます。
その為、丸々専門業者に任せてしまうのではなく、どこまで自社で行えるのかを見極めてから、専門業者に依頼するようにしましょう。

また、ランディングページの納品形式も、専門業者に依頼する際のポイントです。
一般的に、データをCDに焼いて郵送、メールにデータを添付して送信、指定のサーバーへのアップロードといった納品形式があります。
どの納品形式でもあまり変わりはないと考える方もいるようですが、HPの改善方法は納品形式によって大きく変わります。

データをCDに焼いて郵送、メールにデータを添付して送信といった納品形式の場合、手元にランディングページのデータが残ります。
その為、改善点を見つけたら自社で修正し、改善していく事が出来ます。
しかし、指定のサーバーへアップロードする納品形式の場合、手元にデータがないので、自社で修正、改善するのは難しいと言えるでしょう。
これにより、修正を希望するのであれば、制作を依頼した専門業者に、修正依頼を出す事になります。

ランディングページの修正依頼に対する専門業者の対応には、差があります。
何度でも無料で対応するという専門業者もあれば、初回から有料もしくは、5回までは無料、それ以降は有料といった対応を取る専門業者もあります。
何度でも無料で対応してくれる専門業者であれば、値段を気にする必要はありません。
しかし有料対応となる場合には、新たに費用が発生する事になるので、制作を依頼する前に修正依頼に対する対応をチェックしておきましょう。