ランディングページを自作するツール

ランディングページとは、検索サイトでの検索結果に出てくるリスティング広告やバナー広告などから、当該広告を出している会社等のWEBページに訪問する際に、最初にアクセスすることとなるページのことをいいます。landが着地という意味があることからイメージできる名称です。このランディングページについては、インターネットを活用して通販を行う物販事業や、エステや結婚式会場の申し込み、さらには、新築物件の内覧会に至るまでさまざまな用途で活用されています。

この公式ホームページとは異なるランディングページを作成する趣旨というのは、例えば先ほどの例でいうと通販を行っている会社について、広告から訪問してくる者は、広告にあったキャッチコピーと商品を見たくて訪問しているのにいきなり会社概要などがあり、どこにその通販ページがあるかわからないWEBページだと読む気を失い離脱していってしまいます。この離脱を防止して、購入契約締結というコンバージョン(成約)にまで結びつけるためにランディングページは作成されるのです。

このランディングページを1から作ろうとすると、HTMLの知識等がない者にとっては、プログラミングのハードルがあります。さらに、購入契約に誘因する構成要素を心理学等の知見を活用して最適に配置するというコンバージョンに直結する内容の配置方法についても頭を悩ますこととなります。そこで、最初に行うのがランディングページ(LP)を専門の業者に委託して作成してもらうという方法です。しかし、この方法を採用した場合、費用という問題があります。

例えば通販のHPと初期費用を考慮した場合、LPの作成のみで10万円程度からの費用が必要となり、さらに、LPに必要な要素である、試しながら成約率の高いLPを完成させていくという作業工程を依頼するとなるとさらに費用がかさむという事態が生じます。こうなると制作だけでなくコンサルティング契約となり費用負担が増加するという場合もあります。その結果、十万単位から百万単位の費用負担が必要となりうる場合がでてくるのです。

このような費用負担を避けるためには、自社でLPを作成するという方法があります。さきほどの問題であったコンピュータ言語や配置といったものについてテンプレートがあるソフトというツールを活用して問題点をクリアして制作していくのです。この自作のためのツールとしてソフトは各種存在します。この中から自分で選択して活用することとなります。

その際には、無料プランがあるかあるいは費用が安いという視点と、テンプレートの豊富さがありビジュアル等で訴求力があるページが作れるかという視点、操作が簡単で作成の手間がかからないこと、そして、試しながら完成させていくテストを行える機能があることという視点でツールを選択するとよいでしょう。