海外と違う日本のランディングページ

海外と日本のランディングページで違う点を挙げると
海外向けのランディングページは非常にシンプルなことが第一の違いとされます。
その理由として海外のユーザーは見てすぐわかるランディングページが好まれるからです。
グダグダした内容のページでは海外の利用者はこの情報を
読もうという気力が萎えてやめてしまいやすいと言う特徴が多々あります。

日本向けとなると人種的特性により国外より情報量が多い傾向で
訴求したいサービス・商品についての情報量の多さが特徴です。
悪い表現になりますが無駄な情報が多すぎて
肝心の本題がよくわからない欠点があります。
よって海外向けのページにする場合は少ない情報でも充分訴求できるよう
工夫されたデザインになっていることが第一とされます。

海外のLPの例を挙げると
テキスト量が全体的に少なくい。
イラストで視覚的にサービス内容を説明している。
メインビジュアルの機能紹介箇所にはアイコンと
タイトルだけで内容を説明しており余計な説明テキストは無い。

背景が地図にして位置情報サービスということも直観で理解することができる。
といった具合に直感的な作りのページが多用されるのが国外LPのポイントです。
基本的に短くも目を引きつけるようなデザインや色合いの
LPとして出来上がっているのが特徴です。

日本のページで多用されている
数字がどーん!と記載されているファーストビュー
やたら驚いているおじさん
いつも手を上に上げて紹介をしている若い女性
といった本題に直結しないことがない点も紛らわしさがない利点といえます。

海外のLPは最低情報だけでも効果的な表現をするのが基本です。
よって見やすさのレベルが高くユーザーもクリックしたくなる要素になります。
日本のランディングページと比較すると随分と短い印象で長所にも短所にもなります。

化粧品のHPの改善の方法の一つにデザインを海外のサイトも参考にする点です。
海外ではやっているデザインであれば
国内でも流行るのが定番であることが利用価値につながっています。
また見てすぐわかるタイプが多いのが海外性のランディングページです。
薬機法など法規制のもとでランディングページを作るのは並大抵ではありません。

しかし海外のLPは“イメージさせる”デザインであるところが有効なポイントです。
ネガティブな要素が少なく悩みが解決してハッピーになるイメージにしやすいとされます。
表現方法がグラフィカルでシンプルで余計なことがないのも資料的にメリットです。