日本酒のランディングページはデザイン性が大切です

お酒を扱うランディングページには、年齢制限についての記載が必要不可欠です。このページを訪問してくれたことは嬉しいが、この先には進めませんという類の表示が必要になります。お酒は未成年にとって魅力的なものなので、商品の素晴らしさを伝えるとともに、未成年者には適さないということを記載しましょう。

お酒には種類があり、ビールやワイン、ウイスキーなど個人により好みが変わります。日本酒のランディングページには、まず日本酒がどのようなものかを伝えることが大切です。大まかには理解していても、細かなことまでは分かりません。例えばビールやワインを好む方がページを訪問したとします。普段、日本酒はあまり呑まないので、そのままスルーされてしまうことも多いでしょう。

興味のないランディングページに行き着いても、その先にはなかなか進んでもらえないものです。どんなお酒でどの様な味があるのか、どんな風に楽しむかなどを中心に記載しておくと良いでしょう。日本酒には美肌効果もある、などの豆知識を掲載するのもおすすめです。こういった健康食品のLPとリスティング広告を活用することも良い宣伝になります。日本酒には多くの種類があるので、商品を細かく説明することはしません。

一番興味を持って欲しい商品と、日本酒好きの方や、初めての方でも入りやすい様な商品をいくつか紹介します。長々と説明を書くと読んでいるうちに飽きてしまいますので、頭に残るようなフレーズが有効的です。こんな方におすすめです、という書き方や、こんな味わいが特徴です、など見ている相手を引き込むような書き方をします。他のお酒と違う点をまとめておくことはポイントです。製造会社であればこだわりを掲載するのも良いでしょう。スクリーンショットの活用には会社の写真や製造工程を抜粋した写真、製造会社からの言葉などをのせておくと親近感が持てます。

集客率アップに繋げるためにデザイン性は大切です。お酒のイメージは中年男性と考える方が多くいるでしょう。ページもなるべくシックに仕上げようとします。しかし、新しい客層を狙うのであれば、あえてターゲットを女性に変更し可愛らしいページに仕上げるのもアリです。女性は可愛いものが好きなので、カラーなどでさらに工夫をすれば興味を持ってくれます。

ランディングページは一度掲載したらそれで終わりではなく、改善しながら作り上げていくものです。様々な客層の意見を取り入れながらより良いページを作るために、商品を購入したお客様の声にも耳を傾けましょう。