ランディングページでは入力フォームも売上を決める要素です

オンラインで商品販売をする際には、ランディングページのクオリティが、とても大切です。商品の品質が良くても、ランディングページが適切でなければ、大きな販売量は達成できません。また、セールスコピーやキャッチコピーが、ターゲットからずれていた場合も、販売量は減少します。ランディングページで、一番大事な要素は、キャッチコピーだとされています。

キャッチコピーを変えるだけで、セールスコピーの中身が同じでも、売上は大きく変化します。また、多くのヒット商品は、キャッチコピーと商品をマッチさせることによって、高い人気を得るようになりました。しかしながら、キャッチコピーと同等に、売上を左右する要素は、ランディングページ内の入力フォームです。

入力フォームはとても重要な要素であり、売上を大きく左右します。キャッチコピーやセールスコピーが良質でも、入力フォームが良くなかったことにより、販売高が下がってしまうことは、十分にあり得ます。まず、入力フォームが閲覧者から見づらい場合、注文をすることが難しくなってしまいます。その結果、閲覧者は別のサイトやページに、移ってしまいます。また、入力をする項目が、多すぎることでも、注文数は大きく減少します。

オンラインでは、ユーザーの移り変わりは非常に激しいので、小さな障害があるだけで、注文を諦められてしまうことは多いです。注文を獲得するためには、入力をする項目を、必要最低限にすることが重要です。また、入力フォームが外部リンクの場合でも、注文数は減少します。インターネットユーザーは、ランディングページ閲覧中に、別のサイトに飛んでしまうことを好みません。そのため、入力欄をページ内に設置することで、スムーズな注文につなげることが容易になります。

ランディングページを制作する際には、キャッチコピーやセールスコピー以外にも、重要となる要素は数多くあります。入力フォームはその代表格ですが、他にもリンクの文字であったり、使用されている画像など、細かいことが多いです。セールスコピーやキャッチコピーは、独学でも比較的簡単に、習得することができます。

しかし、細かいところまで適正にするためには、多くの時間が必要になります。HPの代行をしてくれる外注先を見つけることで、ランディングページ制作の手間を省くことができます。外注先では、多くの実績があるので、細かいところを見落とすことが、極めて少なくなります。また、外注先で仕上がったランディングページを、自分でもチェックすることで、ダブルチェックにもなります。