ランディングページって何?から作成のポイントまで!

最近はインターネット広告を出したり、SEO対策を講じて検索エンジンに引っかかるように検索キーワードを意識したりと、インターネットを活用した広報に力を入れているところが非常に多いです。そしてよく聞くのが、ランディングページという言葉ですが、これって何?という人も多いのではないでしょうか。ランディングページとは、インターネット広告や検索エンジンの検索結果から、リンクされているウェブページであり、訪問者が最初に訪れる重要なページとなります。一般的にウェブサイトに訪れた方が、自分の興味に合っているページかどうかを判断するのは、3秒から5秒と言われています。つまりランディングページでは、訪問者の知りたい情報を分かりやすく表現し、購入しやすいように「申込」ボタンなどを設置しておくなどで、瞬間的に購入したいと思わせる工夫が必要です。

では初心者がランディングページを作成するためには、何をどうすれば良いのでしょうか。まずは使うテンプレートを選びます。(WordPressを使用されている方が多いと思いますが、WordPressでは、テンプレートのことをテーマと言います。)テンプレートは無料のものから有料のものまで数多く存在しますが、それぞれに特徴がありますし、中には英語のものもあったりします。ほとんどのテンプレートは、デモやプレビューなど無料でお試しができますので、実際のサイトのイメージを確認してみましょう。自社のイメージに合ったデザインなのかを確認し、またどのような機能があるのか、使いやすさはどうなのかなどもあわせて確認します。そして大体気に入ったテンプレートが決まったら、そのテンプレートは安全かどうかを確認します。中にはウィルスなどが仕込まれている場合がありますので、身元や安全性がはっきりしていることを確認しましょう。

そしてテンプレートが決まったら、実際に作成に入ります。ここで重要なポイントは、自分目線で作成しないことです。自分が売りたい商品やサービスを、いきなりアピールしても、訪問者は引いてしまいます。顧客目線で考えると、訪問者は何を知りたくて、何をしたくてそのキーワードを検索したのかを考えてみましょう。何かしらの訪問者にとってのニーズがあったからこそ、そのキーワードで検索をしています。まずはそのニーズに合致したキャッチコピーや、そのキャッチコピーを効果的に見せる画像など、訪問者が「おっ」と瞬間的に関心を示すページを意識して作成します。そして購入するまでの訪問者の心理をイメージし、その流れに合わせてページを構成していきます。常に顧客目線で構成することを忘れないようにしましょう。これらのポイントを意識して、購入につながるランディングページの作成を目指しましょう!