夏は採用が目的のランディングページ開設に適している

ランディングページは、インターネットで検索エンジンなどを使って特定のキーワードを検索した結果から気になったものをクリックしたときに最初にアクセスされるページのことを指しますが、一般的には、より具体的な意味合いが含まれることになり、問い合わせや、応募、資料請求、商品やサービスの利用に結びつけるための、1つにまとめられたウェブページのことを指すことになります。

ランディングページは、最終的な成果となるコンバージョンに結びつけることが最も大きな目的となります。コンバージョンは、それぞれの業種によって違ってきますが、優れた人材を採用することに目的を絞り込んだ場合は、コンバージョンは、求職者がエントリーすることになります。ランディングページには、1つのウェブページで完結し、縦に長く全体像がスクロールする操作だけで閲覧することができ、リンク先が1つに絞り込まれていたりまったく無かったりし、一般的なホームページを構築するときのおよそ5分の1以下ぐらいの費用で制作でき、およそ2週間ぐらいという短い納期で制作することができるという特徴があります。

ランディングページは、1つのウェブページだけで完結し、スマートフォンや、タブレット端末などのモバイル機器からでもスクロール操作だけで閲覧でき、リンク先も最小限に留められているおかげで、閲覧する人の目に留まり、最後まで閲覧してくれる可能性がとても高いというメリットがあります。採用が目的のランディングページは、このメリットをフル活用して、会社が持つ魅力や、訴えかけたいことを仕事を求めて閲覧している人に確実に届けることが出来ます。採用が目的のランディングページはスマートフォンなどのモバイル機器を経由してエントリーを行う学生が多くなってきている近頃の時代に最適ということができます。

夏の時期は学生が就職活動を開始したり、再始動したりすることが増えてきます。理由としては、体育大学に所属する学生や部活に力を入れてきた学生は試合が夏まで続くためだったり、公務員試験に向けて勉強していたが手ごたえがなく一般企業の就職活動に切り替える学生が出てくるためだったり、これまでの就職活動を一度見直して、夏をきっかけにやり直そうとしている学生が出てくることなどが挙げられます。採用が目的のランディングページは一般的なホームページを開設するよりも安く、短い期間で作成できるため、夏の時期に開設するのに適しているということになります。