ランディングページにナビゲーション機能を設ける利点

ランディングページは着地ページ。
ネットの中には色々な情報を入手可能なウェブページがあります。
このウェブページの一つにランディングページと呼ぶ特殊なウェブページがあるのをご存知でしょうか。

URLが分かればダイレクトにアクセスが出来ますが、普通のウェブサイトなどとは異なり、広告リンクをクリックした時に最初に着地するウェブページをこのように呼んでいます。
リスティング広告と呼ぶ広告リンクがランディングページの入り口で、リンクをクリックするとファーストビューと呼ぶランディングページのトップが表示されます。
トップと言っても、ランディングページには階層構造がない、1つの縦長ページで、ファーストビューは訪れたユーザーに対し、下方に表示が行われているコンテンツへの誘導目的を持っています。

縦長のウェブページになるので、スクロール移動させながらページの閲覧をする事になります。
ちなみに、最近のネット環境は光回線などが多くなっている事、パソコンのスペックについても高速なタイプが主流になっているため、1つのウェブページに複数の画像ファイルを挿入しておいても、ストレスなくページ読み込みを行って閲覧が出来ます。
しかし、縦長構造のウェブページはユーザーの環境を考慮して画像を配置するなどが重要です。

ナビ機能を設けてあげる事で知りたい情報をいち早く閲覧出来ます。
画像枚数を多くするとページの読み込みに時間がかかる、縦長ページの構造になるので、知りたい情報を調べる時には長いスクロール移動が必要になるなど使い勝手が悪くなります。
ナビ機能を設けてあげる事でページの操作性が向上するメリットがあります。

例えば、内部リンクを設けてアンカーを埋め込んでおけば、ユーザーが知りたい部分に飛ばす事が出来ます。
また、サムネイル画像にマウスカーソルを合わせると、画像が拡大表示されるなど利便性を持つランディングページ制作が出来ます。

結果が出るホームページと作成について。
ランディングページを制作する目的は、ターゲットユーザーに対して、問い合わせや資料請求を行って貰うため、ページの中で紹介している商品を購入して貰うなど、広告としての役割があります。

一般的なウェブサイトのような階層構造がないので、ユーザーにとって使いやすいウェブページに制作する必要があります。
売れる、ランディングページはどのような構造になっているのか、制作会社が手掛けたウェブページ作品を見る事もその手法を知る手掛かりになります。