時計の販売に係るランディングページを作成するポイント

インターネットの普及により、様々な商品やサービスがネット上で簡単に取引が成されるようになり、各企業ともWEB市場を軽視できなくなりました。このことに伴い、ホームページを開設することは企業にとって必須事項となり、万が一開設されていなければ、企業全体の信用問題にまで発展してしまいます。そのため、最近注目を集めている時計の物販等では、そのほとんどがホームページ上から購入・決算することが可能ですから、リアルな店舗は必要ないとまで言われていました。したがって、各企業は販売実績を上げるために、ホームページを充実させることに傾注してきましたが、企業のホームページが、物販ばかりに傾注していると、ホームページの本来の目的である会社概要や経営方針、自社製品を紹介することができなくなってしまうことから、別に販売に特化したWEBサイトの構築が行われるようになっています。

さて、販売を目的とした、1カラム1ページの極めてシンプルなWEBサイトのことをランディングページと呼びます。ホームページのように、その会社や商品の全てを掲載するのではなく、ある1つのサービス又は商品に特化し、ホームページにな網羅しきれない、深掘りした情報を提供することで、WEB上において成約から決算まで完結しようというものです。かつてはWEBデザイナーなどが企業からの発注を受けて生産していましたが、ここ数年はワードプレスが浸透してきたことから、自前で制作している会社も少なくありません。というのも業者に発注した場合、僅か1ページのランディングページでありながら、10万円~60万円の費用が発生しますが、ワードプレスであれば、基本的には無料で開設できます。ただし、ランディングページを作れば売れるというものではなく、そこには様々な工夫が必要です。

最近、若者を中心に時計を通信販売で購入する人が増えています。その理由は、リアルな店舗と異なり、在庫が安定していますから、必ず気に入ったものが見つかるといったことが上げられます。また、人気モデルの場合、店頭にすら並ばないこともありますから、ネットを通じての先行予約販売などはとても便利です。さらには、リアルな店舗と比較すると、人件費などのコストが最小限で済みますから、その分割引ができるといったメリットがあります。反対に、デメリットは現物が確認できない、すぐに手に入らない、返品や交換などの手間が面倒である点が上げられます。つまり、時計販売にかかるランディングページには、こういったメリットやデメリットを盛り込むことで、より説得力のあるものに仕上げることが可能であると言えます。

時計などの物販に限らず、様々な商品やサービスの販売において、ランディングページが大きな役割を果たしていますが、当然のことながら、反応の良いものと、反応が良くないものが出てきます。とりわけ、商品を並べただけのランディングページは、ホームページと大差がなく、反応が良くないものの代表格であると言えます。反応が良いランディングページを作成するのであれば、今一度、その役割を確認しておく必要があります。ランニングページは、販売を目的とするサイトですから、リアルな店舗で言うと店員の役割を行わなくてはなりません。優秀な店員は、商品知識はもとより、見込み客の表情を読み取り、知りたいことや不安なことに対して的確に回答して、見込み客の不安を払しょくして、購入というアクションを引き出します。つまり、ランディングページも同じ役割を持たなければ、いくら見栄えの良いサイトであっても意味を成しません。

反応率の良いランディングページの特徴は、冒頭から結びまでがしっかりとストーリー仕立てになっており、見込み客の心を動かすキャッチコピーが随所に盛り込まれています。時計の販売で言えば、冒頭には、簡単な自己紹介を挿入し、信頼できるサイトであることをアピールします。この時、販売者の顔写真や創業からの年数などを入れておくと信頼度は高まります、次に販売しようとする時計の機能性やファッション性についての解説を行います。解説文の長さですが、高額時計の場合は、見込み客も慎重になりますから長めに説明文を挿入するとともに、可能であれば商品を撮影した動画を入れると、見込み客は時計の全体や手首に付けた感じが想像しやすくなりますので、成約率が高まります。最後に、支払いについて明記します。特に高額商品の場合は、長期ローンが可能であることを盛り込むと良いでしょう。

こういった流れを基本に、キャッチコピーを差し込んでいきますが、間違っても健康食品のホームページのキャッチコピーを使用してはなりません。キャッチコピーであれば何でも良いというものではなく、時計の見込み客に対して訴えるものでなければなりませんし、ヒットすれば大きな売り上げを期待できますので、試行錯誤を繰り返しながら、探していくことが重要です。